宇都出先生との出会い

平成29年度の製図試験.comのサブテキストとして、宇都出雅巳先生の「仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方」を指定させていただきました。そのご縁もあり、2017年11月26日に宇都出先生の記憶術セミナーに参加しました(上記写真)。

先生が提唱する「高速大量回転法(TKT法)」のコンセプトをベースにしつつ学科を突破することを検討していたからです。

その際、学科試験をどのように攻略するのかについて、指導いただきました。

TKT法は、脳科学や認知行動論をベースに先生が提唱されている方法で、
まさに学科試験勉強のためにあるような方法論です。

そして先生自身、このTKT法をもっと広めていただきたいとご支援いただきました。

具体的にかいつまんで書くと

・ワーキングメモリーに高速で読み込ませ、

・それをディレクトリ型で処理していくことで脳内にマップを作り、

・何度も何度も読み流していくことで認識し、常識化していくという方法です。

この方法を、楽々資格社では「学習脳」を作る、という表現で押さえていたので、
このサイトでも「学習脳」を作るというキーワードで押さえていきます。

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る